テレビアンテナ工事の専門業者に任せる人が多いワケ|安定した技術

専門店に相談しましょう

アンテナ

原因は様々です

風が強く吹いた日や地震のあった日の後にテレビの映りが悪くなることがあります。デジタル放送へと移行してからはブロックノイズや電波の減衰は、山間部など一部の地域を除いてシステム的にほとんど生じなくなっています。それにもかかわらずテレビの映像が乱れてしまうなどのトラブルが頻発する場合は、テレビアンテナそのものにトラブルが生じていることが考えられます。テレビアンテナにトラブルが生じる場合にはいくつかの原因があります。一つはテレビアンテナを固定しているアンカーなどが緩んでいる場合です。テレビアンテナはアンカーでしっかりと固定されているため簡単に緩んだりすることはありませんが、設置から年数がたつと度重なる風の影響や地震などによって次第にアンカーが緩んでしまいアンテナ位置がずれることがあります。

屋内設置も可能です

周辺近所の方は放送を正しく受信することができているのに、自分の家だけ放送が乱れてしまう場合はアンテナに問題が生じている可能性が高まります。そのような場合は専門店に依頼してテレビアンテナの再設置工事を行いましょう。専門店に依頼すればテレビ画像が乱れる原因をすぐに特定してくれます。風邪や地震などの影響によってアンテナの角度がずれている場合には、方角をセッティングしなおす再設置工事だけで修理することが可能です。屋内配線や分配器が老朽化していることが原因となっている場合でも、屋内配線や分配器の工事のみで対応することができます。またアンテナすべてを交換したい場合にも専門店に依頼すれば対応してくれます。とくに風の強い地域や地震の多い地域に住んでいる方の場合には、屋根裏など屋内に設置することができる新型のテレビアンテナ工事がおすすめです。不具合をきっかけにテレビアンテナの交換を検討している方は、専門店に設置可能なアンテナの種類を相談してみるとよいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加